コンサート情報

2016年7月12日(火) 13:30

【浜離宮アフタヌーンコンサート】第11回
田部京子ピアノ・リサイタル ~ドイツの思い出を訪ねて~

  • 託児

3月8日(火)発売

logo_ah.gif主催:朝日新聞社

出演

田部京子(ピアノ)

© Akira Muto
© Akira Muto

内容

ドイツ音楽を中心に高い評価を受けているピアニスト田部京子。

ベートーヴェン中期のドラマティックなソナタ《テンペスト》、メンデルスゾーンによるロマン派小品集の傑作《無言歌集》、

シューマンの秘めた情熱が見事に結晶した《交響的練習曲》など、田部京子がベルリン留学時代に研鑽を積んだ、思い入れの深いドイツ作品を届けます。

田部京子の人柄がにじみ出るトークタイムでは、思い出の写真を投影し、様々な角度からドイツ音楽の魅力に迫ります。

2015年に好評を博した「北欧を訪ねて」編に続き、2度目浜離宮アフタヌーンコンサート登場です。

 

 

演奏予定プログラム

メンデルスゾーン:《夏の名残のばら》による幻想曲 ホ長調 Op.15

        :《無言歌集》より

           甘い思い出

           ないしょ話

           ヴェニスのゴンドラの歌 第2番

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 《テンペスト》Op.31-2

シューマン:交響的練習曲 Op.13<遺作付>        

 

 

※プログラムは変更になる可能性があります。

チケット価格

全席指定¥4,500 

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター(日・祝除く10:00~18:00)
TEL:03-3267-9990
朝日ホールオンラインチケット
ローチケ.comロゴ
Lコード:34639
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター(日・祝除く10:00~18:00)
03-3267-9990

出演者プロフィール

田部京子(ピアノ)/Kyoko TABE, Pianist

東京芸術大学附属高校在学中、日本音楽コンクールに最年少で優勝。東京芸術大学に進学後、ベルリン芸術大学に学び、同大学、大学院を首席で卒業。エピナール国際ピアノコンクール第1位、シュナーベル・コンクール第1位、ミュンヘン国際音楽コンクール(ARD)第3位、ショパン国際ピアノコンクール最優秀演奏賞など受賞多数。バイエルン放送響、バンベルク響、モスクワ・フィル、ワルシャワ・フィルほか多数共演し、アルバン・ベルク四重奏団、カルミナ四重奏団ほか世界のトップアーティストから共演者に指名され厚い信頼を寄せられている。カーネギーホール主催によりワイル・リサイタルホールでニューヨーク・デビューを果たす。これまでに、村松賞(音楽部門大賞)、新日鉄音楽賞などを受賞。
CDは30枚以上リリース、その多くが国内外で特選盤に選出、カルミナ四重奏団との共演盤『ます&シューマン:ピアノ五重奏曲』(2008年)はレコード・アカデミー賞を受賞。近年リリースした『ブラームス:後期ピアノ作品集』(2011年)、『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調、第21番ハ長調』(2012年)』はレコード芸術誌特選盤、2012年度同誌のリーダーズ・チョイス器楽部門第1位、協奏曲部門第2位に選出された。
2013年にはCDデビュー20周年を迎え、カルミナ四重奏団との日本ツアー、記念リサイタルなどを行った。
これまでに『シューベルト・チクルス』、『シューマン・プラス』、『BBワークス <ベートーヴェン&ブラームス>』のリサイタルシリーズ(浜離宮朝日ホール)が大成功を収めている。
2015年11月には待望の新譜『ベートーヴェン:ピアノソナタ第30、31、32番』がリリースされ、好評を得ている。
現在、日本を代表する実力派ピアニストとしてますます人気を集めている。
演奏活動の傍ら、上野学園大学教授(演奏家コース)、桐朋学園大学特任教授を務める。

http://www.kyoko-tabe.com