コンサート情報

2018年3月2日(金) 19:00

高橋悠治ピアノリサイタル
余韻と手移り

  • 託児

チケット発売:11月9日(木)

logo_ah.gif主催:朝日新聞社

出演

高橋悠治(ピアノ、作曲)

え 柳生弦一郎
え 柳生弦一郎

内容

余韻と手移り

 

明け方の雲が色を変えていくように 
黄昏の空気が冷えていくように
音楽はことばにならない時代の変化を映す

 

高橋悠治

 

 

音色こそ音楽の肉体だ--そう感じさせずにはおかないのが、高橋悠治のピアノ。しなやかに鍛えられた筋肉を思わせるような、血の通った精神性をたたえた音楽は、近年さらに研ぎ澄まされています。音色が徐々に変化していく様子を思わせる「余韻と手移り」の公演タイトルのもと、J.S.バッハとチマローザの作品のほか、オリヴァー・ナッセン、増本伎共子(きくこ)、クロード・ヴィヴィエ、石田秀実といったあまり知られていない現代作曲家の作品を集めたのに加え、高橋自身の新作の初演も盛り込んだ、必聴のプログラムです。

 

J.S. Bach (1785-1850) Suite in c  BWV. 997
バッハ 組曲ハ短調

 

Oliver Knussen (1952 -) Prayer Bell Sketch Op .29(1998)
オリヴァー・ナッセン 祈りの鐘素描(武満徹追悼)

 

増本伎共子 (1937 -) 連歌(2004)

 

高橋悠治(1938-) 荒地花笠 (2018) (初演)

 

Claude Vivier (1948-1983)- Pianoforte (1975)
クロード・ヴィヴィエ ピアノフォルテ

 

石田秀実 (1950-) Frozen City II フローズン・シティⅡ

 

Domenico Cimarosa (1749-1801) Sonata in La min. C.55
ドメニコ・チマローザ ソナタ イ短調

  

チケット価格

全席指定:¥4,500

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター(日・祝除く10:00~18:00)
TEL:03-3267-9990
朝日ホールオンラインチケット
ローチケ.comロゴ
Lコード:33254
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990

出演者プロフィール

高橋悠治(作曲・ピアノ)

プロフィール

1960 年  草月アートセンター
1974-76 年 季刊誌「トランソニック」
1978-85 年「水牛楽団」「月刊・水牛通信」
以来は作曲・演奏・即興で少数の協力者と活動を続ける
http://www.suigyu.com/yuji/
著書
「高橋悠治/コレクション1970 年 代」(平凡社)
「音の静寂静寂の音」(平凡社)
「きっかけの音楽」「カフカノート」(みすず書房)