トピックス

2017年9月13日

バッハの多彩な音楽を堪能する2日間。

古楽界をリードし続ける巨匠シギスヴァルト・クイケンが、ラ・プティット・バンドとともに来日、10/11(水)・10/12(木)の2日間にわたりオールJ.S.バッハ・プログラムの演奏会を開催。今回のプログラムについて、聴きどころなどを伺いました。

*****

Q:今回のプログラミングの意図と聴きどころを教えてください。

A:「バッハプログラム」では、バッハの芸術の驚くべき多様性をご覧に入れたいと思います。彼はすべてのジャンルにおいての達人です。

・フランス風序曲+舞踊形式(管弦楽組曲第3番)

・学術的で複雑な対位法:前の時代からの伝統に基づいているが、時に自分なりの解釈で曲が作られた時代のスタイルにアレンジしたもの(「音楽の捧げ物」よりトリオ・ソナタ)

・イタリアの器楽協奏曲形式(チェンバロ協奏曲 ヘ短調)

・ドイツのカンタータ(カンタータ第204番「われ心満ちたり」)

 

Q:日本では比較的演奏機会の少ないバッハのカンタータについて楽しみ方、聴きどころを教えてください。

A:ソプラノ独唱と器楽のためのカンタータ「満足について」(第204番、おそらく1726-1727年作曲)は教会カンタータではなく、世俗カンタータとして、道徳や哲学、信仰心について書かれています。富や贅沢なくらしを目指すかわりに、心の安らぎに幸せを見いだすことや、どんな状況でも平静でいること、そして自身の良心の中にある本質だけに注意を向けるよう促されています。歌詞は、詩人クリスティアン・フリードリヒ・フーノルト(1721年没)の詩と、同じテーマを扱った14の現存する4行詩(作者不明)が組み合わされています。バッハは、弦楽器、1本のトラヴェルソ、2本のオーボエとハープシコードだけの編成にもかかわらず、楽器の特徴を最大限に生かし、色彩に富んだかけあいを書いています。

このカンタータは8曲からなり、レチタティーヴォとアリアが交互に展開する古典的な構成です。アリアは当時のダンスと関係しています。

 

Q:メンバーには若い音楽家も含まれています。結成当時と現在と、音楽作りにおいて違いがあれば教えてください。

A:ラ・プティット・バンドは、1972年の結成当初から、"進化"し続けている楽団です。様々な国籍の、大変多くの若い音楽家(日本人も多く、今やバロック奏者として有名なあの人もです!)がある時期をラ・プティット・バンドで過ごし、その進化に寄与してきました。ラ・プティット・バンドは、今も、歴史あるバロック・古典音楽を試し、発展させる実験室のような場所なのです。常に新しく、若い精神を持ったグループとして、変化し続けながら経験を深化させています。

私が、ソロ歌手(1パート一人)のバッハの宗教的な作品に取り組むと決め、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを再興したここ数年は、"指揮者"として指揮をする機会はどんどん減り、ヴァイオリン、もしくはバスパートからリードするようになりました。もちろん、より大きな編成で後の時代の作品を演奏するときは、全体をまとめるために指揮者として前に立ちますが。

 

ラ・プティット・バンド~オールJ.S.バッハ・プログラムの詳細はこちら。

 

My special aim in this Bach-program is to show the incredible diversity in Bach' s Art : he is master in all categories:

- French ouverture + dance style ( illustrated in Suite nr 3 )

- Learned , complicate counterpoint - style based on the traditions from earlier centuries, and sometimes "adapted" in very personal way to the taste of his time. (trio sonate from Musical Offering)

- Italian instrumental concertante style (harpsichord concerto in F minor)

- German cantate writing ( Cantate BWV 204 "Ich bin in mir vergnügt )

 

About the Cantata: This solo cantata "Von der Vergnügsamkeit" for soprano and instruments ( (BWV 204, probably from 1726 -1727) is not a Church cantate - it is written for secular use . We do not know for which occasion it was composed. The text treats of moral-philosophical-religious matter : the listener is advised and encouraged to seek his happiness in contentment and equal mood in all circumstances, and to concentrate on the essence within his heart and conscience, instead of striving to a wealthy and luxurious life that has no contact with higher values and insights. It is based on a poem by the poet Chr. Fr. Hunold ( who died 1721), combined with some 14 existing (anonymous) strophes of four lines which fit to the subject but are quite different in style. Bach uses a maximum of instrumental variety, with colorful interventions from one fragment to the other , even if the ensemble is only composed of strings , one transverse flute , two oboes and harpsichord. This cantate's structure is the classic alternation of Recitatives (secco and accompagnato ) and Aria's : 8 numbers in total. The Aria's often show a certain relationship to dance movements.

 

La Petite Bande has been from the very beginning in 1972 a ensemble in evolution - many many young musicians of many different nationalities ( including quite a few Japanese , now as you know well known baroque players in your country !) played for a certain lapse of time in LPB and participated in its evolution . So LPB has been and still is like a practical laboratory for trying out and developing specific historical features of baroque and classical music-making. This way of working resulted in an ever-fresh and young-spirited group, which never stopped changing and deepening the experiences... During last years , especially from the time I decided to perform Bach's religious works with solo singers only (one to a part) and also since my re-introduction of the violoncello da spalla , I conduct less and less as "conductor" : I lead more often from the violin or the bass... Of course when we perform later music with bigger formation , I stand in front as conductor , to coordinate the whole action.