コンサート情報

2021年8月13日(金) 19:00

7STAR ARTISTS in 浜離宮朝日ホール
ドス・デル・フィドル

  • 託児

2021年5月8日(土)発売

logo_ah.gif主催:朝日新聞社/浜離宮朝日ホール/日本コロムビア

出演

ドス・デル・フィドル:石田泰尚、﨑谷直人(ヴァイオリン)
山中惇史(ピアノ、作曲・編曲)

ドス・デル・フィドル
ドス・デル・フィドル
山中惇史ⓒAyane Shindo
山中惇史ⓒAyane Shindo

内容

ピアソラ(山中惇史編):リベルタンゴ
ブラームス(山中惇史編):ハンガリー舞曲第5番、ほか

※都合により曲目、曲順などを変更させていただく場合がございます。

 

★7STAR ARTISTS(セブン・スター・アーティスツ)コンサートシリーズの詳細は、
 こちらよりご確認ください。

 

チケット価格

全席指定:¥5,500、シリーズ共通券¥35,000(1公演¥5,000)

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター web
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=210813
朝日ホール・チケットセンター web シリーズ共通券 ※5月8日(土)10:00~8月13日(金)12:00
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=7st021
ローソンチケット(Lコード:31488)
URL:https://l-tike.com/dos-del-fiddle/
イープラス
URL:https://eplus.jp/dos-del-fiddle/

公演に関するお問い合わせ

Mitt
TEL:03-6265-3201(平日12:00~17:00)

出演者プロフィール

石田泰尚(ヴァイオリン) Yasunao Ishida,Violin

神奈川県出身。国立音楽大学を首席で卒業、同時に矢田部賞受賞。新星日本交響楽団コンサートマスターを経て、2001年より神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスターに就任。以来‟神奈川フィルの顔”となり、現在は首席ソロ・コンサートマスターとしてその重責を担っている。これまでに神奈川文化賞未来賞、横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞。自身がプロデュースした男性奏者のみの弦楽アンサンブル‟石田組”など、様々なユニットでも独特の輝きを見せる。録音も多く石田組デビューアルバム‟THE 石田組”、ソロライブアルバム第3弾となる‟Mozart Live”はレコード芸術誌上で特選盤の評価を得た。2018年には石田組がNHK-FM「ベストオブクラシック」およびBSプレミアム「クラシック倶楽部」で放送され、その熱いステージの模様は大きな反響を呼び、2019年にはEテレ「ららら♪クラシック」で特集が組まれた。2020年4月より京都市交響楽団特別客演コンサートマスターを兼任。使用楽器は1690年製 G.Tononi、1726年製 M.Goffriller。

﨑谷直人(ヴァイオリン) Naoto Sakiya,Violin

1987年生まれ。ケルン音大、パリ音楽院、桐朋学園ソリストディプロマを経て、バーゼル音楽院修了。ノボシビルスク国際コンクール第1位、メニューイン国際コンクール第3位。東京フィル、京都市響、神奈川フィル、バーゼル響、ノボシビルスク・フィル等と共演。また、東京フィル、九州響、読売日響などにゲスト首席、コンマスに招かれる。宮崎国際音楽祭、軽井沢八月祭、王子ホールMAROカンパニー、シュヴェツィンゲンSWR等、国内外の演奏会に出演。原田幸一郎、ジェラール・プーレ、ロラン・ドガレイユ、ダニエル・ゼペックの各氏に師事。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団第一コンサートマスター。06年ウェールズ弦楽四重奏団を結成。08年ミュンヘンARD国際音楽コンクール弦楽四重奏部門にて第3位、11年バーゼル・オーケストラ協会(BOG)コンクールにて‟エクゼコー”賞、第7回大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門にて第3位をそれぞれ四重奏として受賞。

山中惇史(ピアノ、作曲・編曲) Atsushi Yamanaka,Piano,Composition and Arrangement

東京藝術大学音楽学部作曲科を経て同大学音楽研究科修士課程作曲専攻修了。後に同大学器楽専攻ピアノ科卒業。作曲を糀場富美子、安良岡章夫、鈴木純明の各氏に師事。第26回奏楽堂日本歌曲コンクール作曲部門第1位受賞。共演者としても絶大なる信頼を置かれ、上野耕平、漆原啓子、川本嘉子、ピエール・アモイヤル、寺谷千枝子各氏をはじめ国内外のアーティストと共演を重ねる。2020年に高橋優介とのピアノデュオ『176』( アン・セット・シス)を結成。自らの編曲により第1弾として『レスピーギ/ローマ三部作』を、カワイ出版より楽譜出版。これまでにピアノを森陽子、山泉薫、菊地裕介、白石光隆、安野直子、江口玲の各氏に師事。最新アルバムは「旅と憧れ」(2019)。