コンサート情報

2021年9月17日(金) 19:00

7STAR ARTISTS in 浜離宮朝日ホール
細川千尋ピアノトリオ《プレイズ・スタンダード・ジャズ》

  • 託児

2021年6月12日(土)発売

logo_ah.gif主催:朝日新聞社/浜離宮朝日ホール/日本コロムビア

出演

細川千尋(ピアノ)、井上陽介(ベース)、セバスティアン・カプテイン(ドラムス)

内容

ジョゼフ・コズマ:枯葉
アレックス・ノース:ラブ・テーマ・フロム・スパルタカス、ほか

※都合により曲目、曲順などを変更させていただく場合がございます。

 

★7STAR ARTISTS(セブン・スター・アーティスツ)コンサートシリーズの詳細は、
 こちらよりご確認ください。

 

チケット価格

全席指定:¥5,500、シリーズ共通券¥35,000(1公演¥5,000)

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
朝日ホール・チケットセンター web シリーズ共通券 ※5月8日(土)10:00~8月13日(金)12:00
URL:https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=7st021
ローソンチケット (Lコード:31555)
URL:https://l-tike.com/hosokawachihiro/
イープラス
URL:https://eplus.jp/hosokawachihiro/

公演に関するお問い合わせ

Mitt
TEL:03-6265-3201(平日12:00~17:00)

出演者プロフィール

細川千尋(ピアノ) Chihiro Hosokawa,Piano

富山県出身。2013年、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバル・ソロ・ピアノ・コンペティションにて、日本人女性初のファイナリストとなる。これまでに、イタリア・スイス・ベルギーでソロリサイタルを開催。クロスオーバーなオリジナル曲とトークも交えたコンサートは、高い評価を得ている。2017年2月大阪交響楽団との熱演を披露、大好評に終わり、1年後に再演。録音では、2014年11月に全曲ソロ・ピアノ・オリジナル作品のデビューCD「Thanks!」を、2016年2月にはセカンド・アルバム「I'm home!」を発表。2017年11月リリースの「CHIHIRO」では、自身初となるピアノトリオ編成でのレコーディングを行い、同年12月浜離宮朝日ホールにてピアノトリオライブを開催。2019年2月紀尾井ホールにて「モーツァルト・ジャズ」と題し、クラシック曲のジャズ・アレンジを披露し好評を博す。ビル・エヴァンスの魅力に迫ったメジャー1stアルバム「MY VARIATIONS」を2019年9月18日キングレコードよりリリース。2021年MBSお天気部春のテーマ曲にて「SAKURA Walz」を作曲し演奏。
昭和音楽大学大学院修了。現在、昭和音楽大学附属ピアノアートアカデミーに在籍。江口文子氏に師事。

井上陽介(ベース) Yousuke Inoue,Bass

1964年7月16日、大阪生まれ。大阪音楽大学作曲家卒。91年よりニューヨークを拠点に活動。97年には初リーダーアルバム「スピークアップ」を発表。在米中、ドンフリードマン、ハンク・ジョーンズなどの数々のグループでのレコーディングやライブハウスやヨーロッパツアーでの演奏など国際的に活動。2004年には活動の拠点を日本に移す。2017年の「Good Time Again」まで8枚のアルバムをリリース。2019年1月に武本和大(P)濱田省吾(Ds)とレコーディングした9枚目の新しいアルバム「New Stories」をリリース。なお2007年度から3年連続スイングジャーナルの人気投票では1位など常に上位にランクされる。現在、自己のグループ他、塩谷哲トリオ、大西順子、渡辺香津美のレギュラーメンバーとして活動の他、数々のセッションに参加し、日本のみならず海外でも精力的に活動。ジャズのみならず絢香、佐藤竹善、Superfly、JUJUなどのポップスのサポートでも活動。

セバスティアン・カプテイン(ドラムス) Sebastiaan Kaptein,Drums

1969年8月2日、オランダ南ホラント州ウフストヘースト生まれのドラム奏者。幼少からチェロを学び、14歳よりドラムを始めるほか、ジャンベなどアフリカの打楽器に興味を持つ。97年、フローニンゲン音楽大学卒業後に米ニューヨークへ渡り、数多くの打楽器奏者からレッスンを受ける。以降、レコーディングやツアーで世界40ヵ国以上を旅しながら、トゥーツ・シールマンス、ブラッド・メルダウなどのトップミュージシャンと共演。マイク・デル・フェローとのトリオでの来日も多い。その後、沖縄に居を移し、日本とオランダで活躍中。