コンサート情報

  • 先月へ
  • 2021

    11月

  • 次月へ

2021年11月21日(日) 14:00

浦山純子ピアノ・リサイタルシリーズ
with Friends Vol.3
*2020年11月29日より延期

  • 託児

2021年7月17日(土)発売

logo_ah.gif主催:朝日新聞社/浜離宮朝日ホール/KAJIMOTO

出演

浦山純子(ピアノ)、前田朋子(ヴァイオリン)

浦山純子©Akira Muto
浦山純子©Akira Muto
前田朋子©Reiko Mayeda
前田朋子©Reiko Mayeda

内容

チャイコフスキー(プレトニョフ編):演奏会用組曲「くるみ割り人形」Op.71
スクリャービン:練習曲 嬰二短調 Op.8-12
        練習曲 嬰ハ短調 Op.2-1
        幻想曲 ロ短調 Op.28
ブラームス:スケルツォ ハ短調 WoO.2
      「5つの歌曲」Op.105から 第1曲「メロディのように」
      ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op.100

 

※本公演は、2020年11月29日より延期となりました。

チケット価格

全席指定:一般¥5,000、学生¥2,000

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
カジモト・イープラス
TEL:050-3185-6728(オペレーター対応 10:00~18:00)
URL:http://www.kajimotoeplus.com/
イープラス
URL:https://eplus.jp/
チケットぴあ
TEL:0570-02-9999(Pコード:196-915)
電子チケットぴあ
Pコード:196-915

公演に関するお問い合わせ

カジモトイープラス
TEL:050-3185-6728(10:00~18:00)

出演者プロフィール

浦山純子(ピアノ) Junko Urayama,Piano

桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業後、ポーランド国立ワルシャワ・ショパン音楽院に留学。1995年ポーランドのラジヴィーウ国際コンクール優勝&最優秀ショパン賞、98年イタリアのポリーノ国際コンクール最高位など数々の賞を受賞。
1996年よりロンドンを拠点とし、ウィグモアホールでデビュー。ヨーロッパ各国で幅広く活躍し、2002年にはウラディーミル・アシュケナージ指揮フィルハーモニア管とグリーグのピアノ協奏曲を共演して成功を収め、再び同団に招かれ同年チチェスター音楽祭に出演。
2005年に帰国後も多彩な企画で演奏活動を展開し、スタインウェイ・ジャパンの‟Young Virtuoso Series”アーティストとしても全国各地でコンサートを行ったほか、国内外で教育・福祉のための慈善公演にも力を入れている。09~12年のリサイタルシリーズ「心の旅への誘い」では、故郷東北への想いを込めて発表したピアノ組曲『芭蕉の奥の細道による気紛れなパラフレーズ』(柏木俊夫作曲)全曲録音CDが、文化庁芸術祭に選出された。14~17年にはリサイタルシリーズ「ショパン&ラフマニノフの世界」を開催、連動して『ショパン:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』(山下一史指揮/仙台フィル)をリリースするなど好評を博した。
2018年からは、前半はピアノソロ、後半は毎回異なるゲストを迎えた室内楽という、多彩かつ豪華なリサイタルシリーズ「浦山純子 with Friends」をスタートさせた。
CDはこれまでに、ソニーミュージック・ダイレクトとイギリス・シンフォニカレコードより6枚リリース。
浅野繁、奥村洋子、安川加壽子、アンジェイ・ステファンスキ、スラミタ・アロノフスキー各氏に師事。
スタインウェイ・アーティスト。

前田朋子(ヴァイオリン) Tomoko Mayeda,Violin

桐朋学園大学音楽学部を経て、デュッセルドルフ・ロベルト・シューマン音楽大学を首席で卒業、同大学にてドイツ国家演奏家資格を最優秀の成績で取得。国際コンクールでの受賞歴も多く、2015年には様々な慈善公演に対してウィーン赤十字親善大使のタイトルを、また世界各地の教会でバッハのパルティータ全曲演奏会を毎年行うというライフワークに対し、17年にはヴァチカンのフランシスコ教皇からロザリオを贈られている。2019年には日墺修好150周年記念演奏会ツアーをオーストリア政府の協力で開催した。
名ピアニスト、パウル・バドゥラ=スコダ氏との共演で数々の録音をリリース。アンサンブル・フェリシアのメンバー。
梅津南美子、尾関えりか、豊田耕児、石井志都子、M・ガイザー、T・ヴァルガ、E・へーバルト、P・バドゥラ=スコダ各氏に師事。