コンサート情報

2022年10月16日(日) 18:00

坂東祐大「耳と、目と、毒を使って」2022年東京公演

  • 託児

2022年7月16日(土)発売

logo_ah.gif主催:朝日新聞社/浜離宮朝日ホール/日本コロムビア

出演

坂東祐大(作曲・構成・指揮)、ほか

ⓒShinryo Saeki
ⓒShinryo Saeki

内容

坂東祐大:言い訳の方法(フルート)
     間の観察(箏)
     声の現場(アンサンブル)、ほか

※曲目は公式サイトをご確認ください。

※やむを得ない事情により、曲目が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

チケット価格

全席指定:一般¥5,000、学生券/当日引換券¥3,000
※学生券/当日引換券は、開演30分前より、受付窓口にて学生証ご提示の上、チケットとお引き換えください。
※学生券/当日引換券は、朝日ホール・チケットセンター以外で取り扱い

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
TEL:03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
イープラス ※一般発売日以降、ファミリーマート店内端末にて直接購入可能
URL:https://eplus.jp/yutabandoh/
ローソンチケット(Lコード:34154)※一般発売日以降、ローソン・ミニストップ店内端末「Loppi」にて直接購入可能
URL:https://l-tike.com/yutabandoh/
MITT TICEKT
TEL:03-6265-3201(平日12:00〜17:00)

公演に関するお問い合わせ

Mitt
TEL:03-6265-3201(平日12:00~17:00)

出演者プロフィール

坂東祐大(作曲家・音楽家) Yuta Bandoh, Composer, Musician

1991年生まれ。大阪府出身。
多様なスタイルを横断し、異化や脱構築による刺激と知覚の可能性などをテーマに、幅広い創作活動を行う。
作品はオーケストラ、室内楽から立体音響を駆使したサウンドデザイン、シアター・パフォーマンスなど多岐に渡る。
東京芸術大学附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学作曲科を首席で卒業。同修士課程作曲専攻修了。
第25回芥川作曲賞受賞(2015年)、長谷川良夫賞(2012年)、アカンサス音楽賞(2013年)受賞、第83回日本音楽コンクール入賞。
作品はフランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団、ロンドンシンフォニエッタ、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー管弦楽団、いずみシンフォニエッタ大阪、東京現音計画、LAPS Ensemble などによって国内外で多数演奏されている。
代表作に、「花火-ピアノとオーケストラのための協奏曲 (2017,サントリー芸術財団委嘱作品」、「SONAR-FIELD(2019, Ensemble FOVE, Shibaurahouse)」、「TRANCE (2018, 京都芸術センターでの共同製作)」。
2022年1月には初の作品集となる「TRANCE / 花火」がDENONレーベルよりリリースされる。

2016年、Ensemble FOVE を創立。代表として気鋭のメンバーと共にジャンルの枠を拡張する、様々な新しいアートプロジェクトを多方面に展開している。
2021年、最新作となる「ドレミのうた」をリリース。
また上記のメインワークに加え、ジャンルを横断した活動も多方面に展開する。
映像作品の音楽に、ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(坂元裕二 脚本)、映画『竜とそばかすの姫』(細田守監督、音楽:岩崎太整、Ludvig Forssellと共に )等。
『竜とそばかすの姫』は、第44回日本アカデミー賞にて「最優秀音楽賞」、第36回日本ゴールドディスク大賞「サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。
米津玄師 5thアルバム『STRAY SHEEP』における全面的な共同編曲(「海の幽霊」、「馬と鹿」、「パプリカ」、「感電」、「カナリヤ」等)
宇多田ヒカル「Beautiful World(Da Capo Version)」、「少年時代」(井上陽水トリビュート) 編曲及び指揮。
嵐「カイト」(NHK2020ソング)オーケストラアレンジメント等。

https://www.yutabandoh.com/