コンサート情報

2021年7月16日(金) 19:00(開場18:15)

サラ・オレイン

  • 託児
  • 完売
  • 5/29(土)10:00発売

出演

サラ・オレイン(ヴォーカル&ヴァイオリン)
クリヤ・マコト(ピアノ)

サラ・オレイン
サラ・オレイン
クリヤ・マコト
クリヤ・マコト
チラシを見る

内容

クラシカル・クロスオーヴァーのシーンで絶大なに人気を誇るヴォーカリスト&ヴァイオリニスト、サラ・オレイン。

アンドレア・ヴォッチェリ、ウィーン少年合唱団、アイススケートの羽生結弦選手など錚々たる面々との共演を重ね、
アルバムをリリースするごとにクラシック・チャートのトップを記録してきた。 

今回の公演は、浜離宮朝日ホールのオープニングを記念した特別バージョン。
ピアノにジャズ・レジェンドのクリヤ・マコトを迎え、癒しの歌声を披露する。

 

                                            

 


  

チケットお求めに際して
・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当ホールでは国および東京都のガイドラインに則って客席の販売に配慮します。
・今後の状況次第では、販売座席の増席を行う場合がございます。
・やむを得ぬ事情により曲目、出演者等が変更になった場合でも、公演中止を除きチケットの払い戻しはいたしません。
・国および東京都からの要請によりイベントの人数制限等が生じた際は、座席変更等をお願いする場合がございます。

なお、感染拡大防止策について当ホールの取り組みやお客様へのお願いについては、こちらからご確認ください。
【新型コロナウイルス感染拡大防止策について】

チケット価格

全席指定¥8,800、Premiumシート<オリジナルグッズ付き>¥11,000(いずれも税込)

チケット申し込み

朝日ホール・チケットセンター
03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
朝日ホール・チケットセンター
PremiumシートのWeb購入はこちら
https://asahihall-ticket.jp/entry?user=csas&act=pre716
チケットポート
03-6327-3710
http://www.ticketport.co.jp/any.html
ローチケ.comロゴ
Lコード:71266
電子チケットぴあ
Pコード:194-453
イープラスロゴ

公演に関するお問い合わせ

チケットポート 03-6327-3710(平日10:00~18:00)

出演者プロフィール

サラ・オレイン

オーストラリア出身。ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、マルチプレイ ヤー、作詞作曲家、コピーライター、翻訳家、テレビ・ラジオパーソナリティー。 英語、日本語、イタリア語、ラテン語を操るマルチリンガル。音が色で見える共感 覚者でもある。2019年NHK夜ドラで女優デビューを果たす。ジャンルを問わず、幅広い活動が注目の表現者。 「太陽の家」50周年記念式典にて上皇上皇后両陛下の 御前で国歌独唱。「オーストラリアnow」親善大使、「九州国立博物館」応援大使。
5歳よりヴァイオリンを始め、その才能をシモン・ゴールドベルグ(弱冠20歳で ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任した著名ヴァイオリニスト)の高弟ペリー・ハートに見出され師事。シドニー音楽院付属でヴァン ダ・ヴィウコミルスカから学ぶ。シドニー大学を High Distinction (最高点) で卒業。世界の大学成績優秀者上位15%のみ入会が許される ゴールデン・キー国際名誉協会 員(Golden Key International Honour Society)に選ばれる。世界で25名の学生が選ばれ る東京大学留学生としてオーストラリアを代表として留学。在学中に、ゲームソフト 『ゼノブレイド』エンディングテーマ曲、光田康典氏作曲の「Beyond the Sky」 の ヴォーカルを担当。 2012年、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。3オ クターブを超えるその声には「f 分の1ゆらぎ」と呼ばれる、癒しの効果が含まれる ことが科学的に実証される。全アルバムでクラシック・チャート1位を獲得。 ゲーム ソフト『タイムトラベラーズ』のエンディングテーマ曲 「The Final Time Traveler」のヴォーカル・英語詞を担当。この曲で羽生結弦選手と共演。その後の彼のグラン プリファイナルや世界選手権のエキシビションにも使われた。
グラミー賞16度受賞の名音楽プロデューサー、デイヴィッド・フォスターの ディズニー特別記念アルバム『We Love Disney』に参加。アンドレア・ボチェッリ、ウィーン少年合唱団、シークレット・ガーデン、ピーボ・ブライソン(美女と野 獣)、ルドヴィコ・エイナウディなどと共演。アイススケートショ ウ Fantasy on Ice のゲストアーティストとしてソチオリンピック金メダリストの羽生 結弦ほか世界の一流スケーターたちと共演。
TOKYO FM とFM OH! 放送『Peace of Mind ~土曜の朝のサラ・オレイン』で は長年パーソナリティ&自らスクリプトライティングをこなす。東京大学安田講堂に て、世界的スーパープレゼンテーションTEDxUTokyoに出演、 “意味のある無音” を発表。報道ステーションゲストコメンテーター出演。東京藝術大学の特別講師とし て「感動」をテーマに講義をする。ボランティア活動にも積極的に参加しパラス ポーツプロジェクト応援活動テーマソング 「Dream As One」 を作詞・歌唱。超訳を手がけた創作絵本「Who?Me!」は、イタリアボローニャの絵本見本市に出品され、三菱商事による社会貢献活動の一環として、世界の子供達に配布されている。ミャ ンマー、ヤンゴンの学校・孤児院を訪問し、生徒との交流を行う。コピーライター としても活動し三菱商事、JALのコピー等を手掛ける。
ムーミン映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』の日本語と英語版の 主題歌を両方歌唱。声優にも初挑戦。NHK大河ドラマ『西郷どん』では劇中歌「我が故郷」と「西郷どん紀行~薩摩編~」を歌唱。『池上彰の現代史を歩く』(テレ ビ東京)のエンディングテーマの作詞・歌唱を担当。テレビアニメ『約束のネバー ランド』の劇伴曲を歌唱。NHK『おとなの基礎英語』では2年連続レギュラー出演。国際放送NHKワールド『KABUKI KOOL』では片岡愛之助さんとナビゲーター を担当中。2019年NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』に出演 し初めて女優に挑む。
2019年イタリア・ミラノ ヴェルディ劇場にてヨーロッパデビューコンサートを果たす。初のLIVE映像商品となる「シネマ・ミュージックwith サラ・オレイン」 、「Timeless Tour 2019」、「Suntory Hall 2019」などのコンサートツアーの脚本、舞台演出をトータルで手がけている。ソロコンサートにはピアニストの辻井伸 行さん、歌舞伎役者の片岡愛之助さんが特別ゲスト出演。第30回金閣寺をはじめ、京都音舞台にこれまで3回出演。2019年フジテレビ MUSIC FAIRから誕生した新ユ ニットLa Diva(森山良子さん、平原綾香さん、新妻聖子さん)のメンバーとして活 動中。
第32回世界医学検査学会にて、秋篠 宮ご夫妻出席のオープニング・セレ モ ニーで国歌独唱。横浜日産スタジ アムにて観客動員数46,000人で開催 された「キャ ノンブレディスロー カップ」、ラグビーオーストラリ ア代表(ワラビーズ)対ラグ ビー ニュージーランド代表(オールブ ラックス)でオーストラリア国歌を独唱。 女 子野球ワールドカップ2014宮崎大会(第6回 IBAF女子ワールドカップ)開会式で対戦国 である日本及びオーストラリア2か国の国歌独唱 6 を一人で担当。イギリスのテレビ 放送局ITVのス ポーツ報道のテーマソング、ラグビー・ワールド カップのテーマ曲 「World in Union」をソロバー ジョンとエミリー・サンデーとのデュエットをレ コーディング。2020年はジョッシュ・グローバンと のコンサート、キャサリン・ ジェンキンスとのレ コーディングを予定している。2020年、東京新聞 で「私の東京 物語」の連載がスタート。ベストアル バム『Timeless』発売中。

https://www.sarahalainn.net/

クリヤ・マコト

ウェストバージニア大学にて言語学を学ぶ傍らライブ活動を開始。卒業後はピッツバーグ大学にてジャズ講師を務め、同時に米東海岸各地でジャズピアニストとして活躍。グラミー受賞者チャック・マンジョーネ・グループに参加するほか、ジェームズ・ムーディー、ドナルド・バードなど多くの巨匠と共演した。
帰国後は自らのグループで活動を開始し、20枚以上のリーダー作をリリース。また10回以上におよぶヨーロッパ・ツアーを行い、ブラジル、オーストラリア、インドでのツアー、モロッコ、インドネシア、台湾、エジプトでの公演も成功をおさめる。ポーランド国営ラジオ、ハンガリー国営テレビにて自己のグループのライブ番組がオンエアされ、イギリスBBCラジオ、アメリカ国営放送局VOAのジャズサイトにて特集が組まれるなど、常にワールドワイドな活動を展開している。
時にジャズという枠に収まらぬ多才ぶりを発揮し、平井堅、八代亜紀などポップスの作編曲・音楽プロデュース、TVテーマ曲、映画音楽なども手がける。2016年、プロジェクト「アコースティック・ウェザー・リポート」を立ち上げソニーミュージックよりアルバムをリリース。またBS-TBSの報道番組「報道1930」、NHK神戸夜のニュース番組「Live Loveひょうご」で音楽を担当。BS日テレの異色歌謡番組「今宵☆jazzyに!」では、編曲およびバンドリーダーを担当している。
アメリカの大学在学中に、地元のリアルな黒人コミュニティに密着して音楽の基礎を築いたクリヤは、バークリー音楽院出身者が主流の日本音楽シーンの中でひときわ異色な存在。ソウルフルなテイスト、音色の透明感、鋭いナイフのようなリズムの切れ味、オープンで確かな音楽性が、国境を越えて共感を獲得している。

http://www.makotokuriya.com/