トピックス

2018年11月26日

ヨーロッパでも注目のバロックアンサンブルと佐藤俊介

 

今年11月、浜離宮朝日ホールでバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲演奏を行い、多くの音楽ファンを虜にした若きヴァイオリニスト佐藤俊介。2019年には自身が音楽監督を務めるオランダ・バッハ協会管弦楽団を率いての日本ツアーが決定しました!
 
バッハやヴィヴァルディが活躍した18世紀の再現楽器による演奏が世界的に注目される中、オランダ・バッハ協会はその総本山ともいえる存在。
繊細な音色、絶妙なアンサンブルの美しさで最も高く評価される楽団の一つです。
 
来日公演では、彼らが得意とするバッハをはじめ、佐藤の独奏者としての腕前を堪能するヴァイオリン協奏曲などを演奏します。
 
モダンと言われる現代の楽器とは全く異なる、色鮮やかな妙なる調べを是非お聴きください。
 
 
◆ツアースケジュール◆
9/28(土)15:00 京都・青山音楽記念館(バロックザール)(京都)
         問:公益財団法人青山音楽財団 青山音楽記念館 075-393-0011
9/29(日)15:00 神奈川県立音楽堂(神奈川)
         問:チケットかながわ 0570-015-415
9/30(月)19:00 浜離宮朝日ホール(東京)
         問:朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990
10/5(土)14:00 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール(埼玉)
         問:SAFチケットセンター 0570-064-939
10/6(日)15:00 三原市芸術文化センター ポポロ(広島)
         問:三原市芸術文化センター 0848-81-0886
 
※2018年11月現在の情報です。開演時間や発売日など変更になる場合がございます。各公演の詳細は各ホールまでお問い合わせください。
 
 
オランダ・バッハ協会管弦楽団
1921年創設。2021年の100周年に向けて、J.S.Bach全作品の演奏をインターネットで公開するプロジェクトAll of Bachが進行中。